花粉症対策いつから始めますか?

こんばんは!

鍼灸師、全身調整整体師の大泉です。

 

いつから花粉症対策を始めるのが良いかご存知でしょうか。

また、薬を使用しない花粉症対策があるとしたらどうでしょう。

 

 

10人に3人はなっていると言われる花粉症。

花粉症の主な症状として、

・目のかゆみ(非常に強い場合がある)

・くしゃみ(連続しやすい)

・鼻水、鼻詰まり

・頭痛(だるさや倦怠感) など

人によっては生活に支障が出る程辛い場合があります。

 

 

今回は花粉症対策に必要な期間や方法、知識についてお伝えしていきます。

 

個別相談は無料で行っているので、ライン@からもご連絡ください!

クリックすると友達追加画面へと移行します。

 

 

花粉症対策っていつから始めるの?

 

A 今すぐにでも始めてください!

 

春先にかけて花粉の量が多くなるスギ花粉、ヒノキ花粉は暖かい地域に関しては1月下旬からすでに飛んでいます。

 

ピークは3~4月ころですが早めの対策をすることで免疫力を高め、花粉症の症状を抑えることが出来ます。

 

ヨーグルトの成分が良いと言われていますが日本人の消化機能には合わない場合があるため、合わない方は他の方法を取ると良いです。

 

 

花粉症対策セルフケア

簡単にできる方法として、鍼治療で用いる【曲池】と言うツボを押すことで身体の水分の流れが良くなります。

 

 

 

 

(肘を曲げた時にできるシワの1番外側を2秒間かけて押し2秒間かけて戻すと良いです。)

 

体内の水分の流れを良くしたり、下半身を温め代謝を高める事で免疫力が高まります。

 

身体は常に止まることなく動いています。

その流れがある事により、常にフラットな状態を維持します。

 

フラットな状態は何事にも対応する力がある健康に近い状態です。

 

ぜひ試してください!

 

まとめ

花粉症の症状が出てしまってからだと、症状を抑えるためだけの薬になってしまうことが多いです。

 

人には免疫力があり、病気にならない力があります。

 

その力を少しでも活動させてあげることが花粉症対策に繋がり、薬に依存しない身体を作る最善策だと考えています。

 

花粉症対策に特化した鍼での施術などもあります。

 

昨年と違うお身体を体感したいと思いましたらご相談ください!

 

 

 

The following two tabs change content below.

大泉智之

大泉 智之(おおいずみ ともゆき)1993年生まれの埼玉県出身。 2015年に鍼灸師の国家資格を取得。都内の治療院に2年間勤めた後、身体の本質を学び独立。現在、鍼灸師、全身調整整体師として活動中。渋谷区や大宮区を中心に治癒力整体、美容鍼、鍼施術、慢性的な心身の不必要な緊張を取り均一な状態を保つ事に特化した施術を行っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大泉 智之(おおいずみ ともゆき)1993年生まれの埼玉県出身。 2015年に鍼灸師の国家資格を取得。都内の治療院に2年間勤めた後、身体の本質を学び独立。現在、鍼灸師、全身調整整体師として活動中。渋谷区や大宮区を中心に治癒力整体、美容鍼、鍼施術、慢性的な心身の不必要な緊張を取り均一な状態を保つ事に特化した施術を行っている。